役立つ接客術とは

今の世の中、仕事は多様化しています。しかし、学生でもできるアルバイトや、様々な理由で、シフト制の仕事の方がいいという方も居られると思います。その様な方ができる仕事やアルバイトとなると、業種が限られてきます。そう接客業です。求人票をすこし覗いてみただけでも、ファーストフード店での接客、ファミリーレストランでの調理・接客、居酒屋での調理・接客、本屋での棚出し・棚卸・接客......。接客業はお店を問わず存在していますし、店員さんが居ないと、私たちも困ってしまいます。コンビニエンスストアもそうですよね。そこで今回は「でも接客ってなんだか不安」「自分にもできるかな」と思っている方に、接客術を皆様にお伝えしようと思います。

役立つ接客術で自信をつける

また、この接客術は、日ごろから接客業に携わっている方にも有効だと思います。そう、接客を仕事にしていても、自信のない方は居るんです。実際私もそうでした。そのお悩みも今回お話しする接客術が、解決の糸口になると思います。「接客業の悩み、色々とあります。私も色々な事で悩みました。しかし、その結果、私は人にアドバイスできるくらいの接客術を見つけだすことに、成功しました。「具体的に何をどうすればいいの?」と思った方へ。「接客を舐めてるの?そんな簡単に悩みが解決するわけない」と、普段から接客業に携わっている方は思われるかもしれません。その気持ちはとても解ります。だって私は10年近く、接客業を経験してきたのですから。私の言葉を信じてください。

役立つ接客術でマニュアル通りに

具体的な接客術の話に早速入っていきましょう。接客業に携わっている方は、始めたての頃を思い出してください。これから始めようかな、と思っている方は難しく考えなくても大丈夫です。まずは、マニュアル通りをキッチリできるようにしましょう。と言っても最初の頃は、マニュアルを教えてもらうだけです。しかも、キッチリできるようになるまで数カ月掛かってしまいます。研修期間です。研修期間は、お店によって様々ですが、3カ月としているところが多いです。中には、店長や社員さん、他のメンバーから、一人前だと認められたら1カ月でも研修期間が終わるお店もありますし、逆にそういった制度のお店は、認められなければなかなか研修期間が終わらないこともあります。実際私は、所謂一人前になるまで半年近くかかった様に思います。なので、自分の出来る範囲のペースで、マニュアル通りにキッチリ仕事ができるようになるところから始めましょう。

役立つ接客術のマニュアルはすべての基本

「マニュアル通りしかできないのか」という方が居ますが、最初からマニュアル以外の事もこなせる人が居たら、驚きです。オリンピックの金メダリストだって、最初からそのスポーツのルールを全部知ってるわけじゃありませんし、フォームや戦術・戦略を、始めた時から考えられる訳じゃありません。そもそも、マニュアルはすべての基本です。お店によっては、マニュアルの無いお店もあるかもしれませんが、チェーン店はほとんどが、会社の指針や方針があるので、それに則ったマニュアルがありますし、無いお店は無いお店で、働いている方々の経験で、指導してくれるでしょう。教えもせずに、放置しておきながら「頑張ってね、主体性が大事だから自分で訊きに来てね」というスタンスをとっているお店は、いい環境とは言えないので、最悪バックレてもいいでしょう。